咳風邪で家族全員寝込んでいました。

といっても1歳の息子は熱もあるのに元気に動き回っていましたけどね。
夫も私も咳風邪でダウン。

咳が酷すぎて夜ほとんど眠れないという経験は人生初めてでした。
10秒おきに咳が出るので、全く寝れない。
やっと寝れたと思っても咳で起きるという辛さ。

いまだに咳が酷くて夜眠れていませんが、身体を動かせるようになったので、なんとかやっていけています。

息子が長いこと咳風邪なので、どんな流れだったのか記録がてら書いておきます。

1歳息子、咳風邪の始まり

12月19日の夜、眠ってから咳き込むことがあり、それで起きてしまうほど。
日中は咳がなくて非常に元気だったので、その日だけかと様子見。
12月20日の夜も咳き込んで途中で起きてしまったため、やはりおかしいなと思い始める。熱は平熱。日中は元気。

1回目の病院(小児科)

12月21日に呼吸器疾患にも強い小児科へ
胸の音も問題なく、喉も赤くなっていないとのこと。
夜間に咳が出ているという事実があるので、薬を処方されました。

ムコダインシロップ5%  朝夕食後 2.5ml
メプチンシロップ5μg/ml0.0005%  朝夕食後 2ml
ザイザルシロップ0.05% 朝夕食後 2.5ml
アスベリンシロップ0.5%  朝夕食後 1.5ml
以上混合シロップ

ホクナリンテープ0.5mg 一日一枚

計5日分

ホクナリンテープは気になって自分で剥がしてしまうことがあるので、背中の肩甲骨周辺が良いとのことでした。確かに、張ると気になって剥がそうとしますが、手が届かない。

東京都23区内のため子供の医療費が無料なのはとてもありがたいです。
ただ、薬局によって容器代がかかったりかからなかったりするのは不思議ですね。今回の薬局だと容器代だけ50円かかりました。

聞いたところによると、本当は容器代は別で計算するようなのですが、薬局によってはサービスで容器代を無料とするところもあるようです。

2回目の病院(小児科)

元気で動き回っている息子ですが、薬を飲んでもなかなか治らず、熱も出てきてしまいました。
日中も咳が出るようにもなり、これは困ったと12月26日、2回目の病院へ。
前回と同じ小児科に行きました。
ちなみに私も咳風邪で既に夜眠れないほどになっていたため、一緒に診てもらいました。

胸の音問題なし。喉は赤い。
息子も私も同じような診断でした。

熱も上がってきている息子は、もしかしたら鼻水が奥で溜まっていたりして、耳鼻科的要因があるかもしれないとのことで耳鼻科への診察を促されました。ほとんど鼻水が出ていなかったので、これは盲点!

早速耳鼻科へ。

3回目の病院(耳鼻科)

鼻水溜まっていました!
やはり鼻の奥の方に鼻水が大量に溜まっていたとのこと。
すぐに吸引してもらいましたが、息子ギャン泣き。3人がかりで押さえつけます。

38度を超えた熱も出ているとのことで、インフルエンザとRSウイルスの検査もしてくれました。結果は陰性。

ついでに耳垢も取ってもらいました。2日前に綿棒でちょちょっと取っていたのに、大きな耳垢がごろごろと。やはりプロは違います。

小児科での処方箋を耳鼻科でも確認してくれて、このままの内容で薬を飲んで良いとのことでした。
今回は抗生物質も処方されています。

オノンドライシロップ10%  朝夕食後 0.35g
クラリスロマイシンDS小児用10%「トーワ」 朝夕食後 0.55g

ムコダインシロップ5%  朝夕食後 2.5ml
メプチンシロップ5μg/ml0.0005%  朝夕食後 2ml
ザイザルシロップ0.05% 朝夕食後 2.5ml
アスベリンシロップ0.5%  朝夕食後 1.5ml
以上混合シロップ

ホクナリンテープ0.5mg 一日一枚

計7日分

抗生物質はきちんと飲みきってくださいねとのことでした。

また、皮膚科で処方されているリドメックスコーワ軟膏0.3%とホクナリンテープは同時に使ってもいいのか薬剤師さんに尋ねると、使っても良いとのことでした。使ってよいのか分からなかったため、ステロイドだしと使わずにいたので、皮膚がまた荒れて来ていたんですよね。同時に使ってよいとのことが聞けて再開です。

耳鼻科から帰った夜

なんと夜中咳き込むことなく、しっかり眠ってくれました。
吸引が効いたのでしょうか!?

私も耳鼻科で吸引してもらえばよかった。
いまだに夜眠れないでいるのに。

それから今日まで調子が戻ってきているようです。
熱も平熱に下がりました。
日中の咳は出たままですけどね。
あと鼻水が昨日から出るようになりました。

私はとてもしんどい風邪で、まだまだ長引きそうです。
息子は早く治りそうでいいなー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする