食事

お食事エプロンをコンビミニにて追加注文!西松屋、バースデイとの比較も。

長袖のお食事エプロンはコンビミニが優秀だと思っています。

コンビミニのお食事エプロンはお気に入りで、セール時に追加注文するほど♪

西松屋、バースデイとの長袖お食事エプロンの比較もしていきますよー。

 

 

お食事エプロンとは

「お食事エプロン」とは、離乳食が開始されてから必須と思われるベビー&キッズアイテムです。

離乳食初期のころは食べる量も少なく、汚れることはほとんどないと思いますが、特に手づかみ食べを開始する時期になると、洋服はめちゃくちゃに汚れます。それを阻止すべく使うのが、お食事エプロン

有名どころだとベビービョルンのソフトスタイですね。
汁物をガンガンこぼしても、しっかりとキャッチしてくれるし、食洗器も使えるので、お手入れも楽だと好評です。

 

\楽天だとポイントアップや割引クーポンでお得に買える/

 

保育園によっては、タオルエプロンを用意するように伝えられることもありますね。

ベルメゾンを例に出すと「タオルエプロン」とは、こういうのです。
2枚でロングタイプ1,090円(税込)は安い!しかもカワイイ。

私の家で使用しているのは、袖なしエプロンが4枚。長袖が3枚でした。

この長袖お食事エプロンが3枚とも違うメーカーで、西松屋、バースデイ、コンビミニ。いやーメーカーによって、質が全然違う!

さて、これからが本題!

次はコンビミニを基準として「大きさ」「サイズ展開」「デザイン」「素材」「撥水性」「洗濯機で洗えるか」「乾きやすさ」「値段」「使いやすさ」など、実体験をもとに、メーカー比較をしちゃいます☆

 

長袖お食事エプロンのメーカー比較

1.西松屋

安くて有名な西松屋です。長袖お食事エプロン798円(税込)は安い!

私が持っているのはちょっと柄が違いますが、ほぼ同じものです。

素材の特徴としては生地が二重になっています。表面がポリエステル100%での透明フィルムで撥水加工になっており、内側には絵柄が入った綿100%の素材を使用しています。弱で洗濯機(40度まで)使用可能です。

しかし、洗濯機の自動洗いを使っていたためか(面倒だったので、他の洗濯物と一緒に洗っていました。"弱"設定ではなかったんです(汗))、西松屋の食事エプロンに穴が開いてしまいました。1年弱使用できたので、まぁ寿命かもしれません。安いのでしょうがない。

この商品はサイズ表記が80-90となっていました。

 

【大きさ比較】コンビミニのMサイズ(65-90)と比較します

コンビミニと西松屋のお食事エプロン比較
明らかにコンビミニの方がサイズが大きいです。

しかも超重要な丈部分は、コンビミニの方がめちゃくちゃ長い!

丈が長いとその分、洋服を汚さなくて済むのでチェックしたいポイントです。

また首周りを比較すると、ほとんど同じ開き具合でした。
ただし!コンビミニは粘着部分が広いので、首の太さに合わせて多少調節可能でしたが、西松屋は粘着部分が小さいので調節はほとんどできません。

 

2.バースデイ

「バースデイ」は、しまむら系列のベビーキッズ専門の店舗です。

安いのですが、残念ながらオンラインショップはありません。(しまむらはオンラインショップができたので、そのうちできるのかしら?)

私も「バースデイ」の商品は実店舗で購入しています。

バースティのお食事エプロン

780円(税込)は西松屋より安い。2021年4月現在の値段は不明。

 

バースデイはデザインがとても可愛らしいのが多いですね。

ちょっとおしゃれな雰囲気もあって、西松屋よりも一目ぼれしてしまう商品が多かったです。

こちらのバナナ柄の長袖エプロンはfutafuta(フタフタ)というシリーズでこれもオシャレでした。

 

素材の特徴としては、西松屋同様生地が二重になっています。しかし、素材に違いがあり、表面がEVA樹脂100%の透明フィルムで撥水加工になっており、内側には絵柄が入った綿100%を使用しています。弱で洗濯機(40度まで)使用可能です。

 

【大きさ比較】西松屋(80~90)と比較します

しかし!ここで、最大の欠点が!

西松屋とバースティのお食事エプロン比較

下に置いてあるのが西松屋。上がバースデイ。明らかに大きさに違いが。

サイズ表記が無く、パッケージされていたものを購入したのですが、めちゃくちゃ小さい。先ほど、「西松屋ってコンビミニと比べてサイズが小さいのよねー」と言っていましたが、それ以上に小さい!!!80サイズ以上の子だとぱつんぱつんです。無理して着させていましたが、2か月で使うのをやめました。

ちなみに、首まわりの開き具合はコンビミニも西松屋もバースデイも変わりありません。ただやはり、西松屋同様、接着部分が小さいので調節が出来ません。

 

3.コンビミニ

目玉のコンビミニです。

コンビミニのお食事エプロン着画

コンビミニのお食事エプロン

4枚追加で購入しました。

商品特徴としては、今まで紹介した西松屋やバースデイと違ってナイロン製1枚で出来ています。2重になっていないのでかさばらないのが良いですね。より持ち運びしやすいです。固さもないので、カシャカシャする音もほとんどありません。
弱で洗濯機(40度まで)使用可能です。

コンビミニのお食事エプロン接着部分

コンビミニのお食事エプロン接着部分

また、前述しましたが、首まわりについては接着部分が写真のように長いので、首の太さに合わせて多少調節が可能です。

そして、Mサイズ(65~90)とLサイズ(90~100)と2サイズ展開があり、大きくなっても使える点が良いですね。

 

コンビミニの長袖お食事エプロンが比較して優秀な点

コンビミニが西松屋とバースディより明らかに勝っている点は、何といっても洗濯後の乾きやすさ。

冬場でも午前中で乾くという驚異のスピードです。

朝ごはんの後、洗濯して昼ご飯の時にも同じものが使えます。

お食事エプロンは使う頻度が高いですよね。朝昼晩と最低でも一日3回は使います。それにおやつの時にも、こぼしやすいものなど、食事の内容によっては使うこともあります。

そのため、すぐ乾くのは本当にありがたいんです。

 

また大きさの比較ですが
コンビミニ(M) > 西松屋(ワンサイズ) > バースデイ(ワンサイズ)
の順番でコンビミニが一番大きいです。コンビミニは他のメーカーと比べて腕丈が長いのが気になる方もいるかもしれませんが、手首にゴムが入っているので、特に問題はありません。それよりも、丈の長さがピカイチで長いため、洋服が汚れなくて本当に良いです!!

 

そして素材の良さ!
ナイロン一枚で出来ているので、使用していくうえで見た目が悪くなっていくことがありません。ポリエステルやEVA樹脂だと、小さなひっかき傷のような跡がたくさん出てきてしまったり、だんだんと透明な色が白く濁ってきて、ちょっと汚く感じます。(外食時は使いたくない…。)ナイロン1枚なのに、防水機能もしっかりしていて、多少の水分は染み込みません。(大量にお水をこぼしたりするとだんだんと染みます。これは、西松屋もバースデイも同じです。)
コンビミニのお食事エプロンを1年弱使用していますが、とても綺麗な状態でまだまだガンガン使用できます。劣化しにくくて長持ちするのでコストパフォーマンスが半端ないです。

 

首まわりの調節やサイズ展開がある(M・Lサイズ)ということもコンビミニが優秀な点ですね。

 

コンビミニの長袖お食事エプロンの欠点

それでも欠点はあります。

それは…お値段。

定価で1,650円(税込)です。他と比較するとちょっと高い。

 

ただ、素材が良く、長持ちするので、定価でも十分価値はあります!

安物よりは、コンビミニを買う方が、長い目で見ると買い替える頻度が少ないのでコストパフォーマンスは最高です。

また、コンビミニ公式オンラインショップでは頻繁にセールを行っています。

コンビミニのキャンペーン一覧はこちら

男の子用を紹介しましたが、女の子向けのものもたくさんあります。デザインが豊富でとてもかわいい!
長袖以外に袖なしの展開もありますよ。

是非この機会に使ってみてください♪

コンビミニお食事エプロン一覧はこちらから

今回紹介したアニマル柄のお食事エプロンはこちら



赤ちゃんがよく笑うベビー服をつくりたい
【Combimini(コンビミニ)】
公式オンラインショップ

ブログを読んだらクリックしてお知らせしてね♪記事を書くモチベーションです!

にほんブログ村 子育てブログへ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

東京ダック

3歳の子ども溺愛中 30代育児ブロガー東京ダックです。 2020年9月第二子出産しました! コーヒーとチョコがあれば大抵のことは乗り越えられます。

-食事
-, , , , ,

© 2021 育児のつれづれ by 東京ダック