「しまじろうにぎにぎボーロ」は大人もハマる美味しさ。食レポです。

1歳半の子供を持つ主婦ブロガーのtokyo-duckです。

子供のおやつに最適なボーロが、なんとスティック状になっている商品を発見!

その名も「しまじろうにぎにぎボーロ」

早速息子と食べてみました。

製品特徴

1歳ごろからの子供に向けたお菓子です。

ボーロがスティック状になっているので、握りながら食べることが出来ます。

通常のボーロだと、食べるときに落としてしまうことが多々ありますが、これだとしっかり握れるので、落とす心配がほとんどありません。

個包装になっているので、お出かけの時に便利だなーと思いました。

原材料へのこだわり

国産原料100%使用というこだわりがあります。

安心安全な日本製だと親としては嬉しい。

原材料名
ばれいしょでん粉(遺伝子組み換えでない)
砂糖
小麦粉
液卵
卵黄
水飴
脱脂粉乳
寒梅粉
卵殻カルシウム

原材料名を一つずつみても特に怪しいものはなく、安心感がありますね。

「液卵」って初めて聞いたのですが、卵を割って中身を取り出したもののことだそうです。加工食品を作る工場で、毎回わざわざ割るのは面倒ですもんね。原材料名にこうやって記載するのだと初めて知りました。

栄養成分

カルシウムを卵殻カルシウムで強化しているのが特徴ですね。

栄養成分表示(1本あたり)
エネルギー 14kcal
タンパク質 0.2g
脂質 0.1g
炭水化物 3.0g
ナトリウム 1mg
カルシウム 14mg

厚生労働省によると、1~2歳の子供の必要エネルギーは男子で950kcal、女子で900kcalとのこと(日本人の食事摂取基準2015年版
知らなかったので、この記述はありがたかったです。
よく大人の半分くらいだというのは、このことからも分かりますね。

食べてみた。

息子と食べてみました。

味ですが、めちゃくちゃ美味しい!まさしくボーロの味なのですが、一般的なボーロより甘すぎないので、食べやすいです。

そして何より食感が良い!思っていたよりも最初に歯ごたえがしっかりとあるので、大人も歯を使ってバリバリ楽しめます。もちろん、ボーロなので、口の中に入れておくとじわっと溶けてくるので、まだ歯が揃わない子供もきちんと食べられます。

そして形状が良いですね!スティック状なので息子は手で握りながら、少しずつ食べていました。通常のボーロだとぽろぽろこぼれて大変なのですが、全く落とすことはありませんでした。

何より、食べている時のカスはほとんど下に落ちません。クッキーだと細かい食べかすが落ちてしまい、お外だと嫌なんですよ。そのため、うちの場合、お出かけにはあまり食べかすの出ない、ハイハインなどのおせんべいをおやつにするときが多いのです。そしてこのにぎにぎボーロはハイハイン並に食べかすが落ちません。ありがたい!

息子は最初不思議そうに食べていましたが、1本食べ終えると、次をさっと要求してきました。家でのおやつは3本くらいと牛乳がちょうど良さそうでした。
ある程度固さがあるので、満足感がありそうですね。

まとめ

一袋に12本も入っていて、全て個包装という、これからのお出かけおやつにもっと購入したいと思えました。近くで見かけた際は是非試してみてください。私はイオンで購入しました。

ネットで買いやすそうなところだと、西松屋チェーン楽天市場で送料無料のおしりふきやおむつと一緒に買う感じでしょうか?送料無料と同時に注文すれば、その商品も送料無料になりますからね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しまじろうにぎにぎボーロ【ベビーフード】
価格:168円(税込、送料別) (2019/2/8時点)

楽天で購入

それだけ買いたいという人には、ケース買いになりますが、アマゾンだと送料無料で、しかも定期便だと結構安く購入できそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. メグ より:

    おはようございます。
    ステックタイプのボーロ
    手で持ちながら食べられますね。(^^♪
    応援ポチ。

    • tokyoduck より:

      初コメントありがとうございます!
      手で持ちながら食べられるボーロって良いアイディアですよね♪
      ただ、売っている店舗が少ないのがちょっと悩みですね。