お出かけ

ヤンマー米ギャラリー|子連れお出かけレポート

ヤンマー米ギャラリー子連れレポート

YANMAR TOKYO(ヤンマー東京)が2023年1月13日(金)にグランドオープン。

子どもも楽しめる「ヤンマー米ギャラリー」が併設されているということで、2歳&5歳の息子たちと家族で遊びに行きました。

お米について学べる施設で、ヤンマーのトラクターが飾ってあったり、体験型のコンテンツがあったりと、家族で楽しめたのでレポートしていきたいと思います。

東京ダック
写真付きでご紹介します!

 

YANMAR TOKYO概要

YANMAR TOKYO(ヤンマー東京)
住所東京都中央区八重洲二丁目1番1号
地下1F~2F(ショッピングフロア)
アクセス東京駅地下直結可能
JR東京駅より徒歩2分
営業時間ショップにより異なる
公式サイトhttps://www.yanmar.com/jp/yanmar_tokyo/
ヤンマー米ギャラリー
アクセスYANMAR TOKYO 1階
開館時間10:00-17:00
休館日毎週月曜日
※月曜が祝日の場合は開館し、翌日(営業予定日)が休館
料金無料
所要時間30分程度
対象年齢幼児~大人
公式サイトhttps://www.yanmar.com/jp/komegallery/
東京ダック
雨にぬれず、東京駅や大手町駅から地下で直結できるのが最高です!

 

ヤンマー米ギャラリー内コンテンツ

ヤンマー米ギャラリーは、お米について学べる施設。

オフィスビルの1階なので、そこまで大規模ではないのですが、体験型コンテンツで十分楽しむことができます。

 

ヤンマーのトラクター

ヤンマーのトラクター

お米作りといえばヤンマーのトラクターですね。

真っ赤なボディがかっこいい!

残念ながら乗車は不可能。

撮影は可能です。

東京ダック
子どもたちは館内に入って真っ先にトラクターへ向かうほど。
かっこいいですね♪

 

お米の性格診断

お米の性格診断

体験型コンテンツの一つに「お米の性格診断」があります。

「はい」「いいえ」で答えていくと、性格をお米の品種で例えてくれます。

ポイント

漢字を使った説明なので、幼児には大人がついて説明する必要があります。
質問はかんたんなので、5歳(年中)でも答えられます。

お米の性格診断の結果

東京ダック
長男は「べこごのみ」タイプでした。
献身的に周囲を支える、優しい心の持ち主だそうです。

 

さいころゲーム

さいころゲーム

イラストの描かれた赤と青のさいころを使って、稲作づくりの問題を解決していくさいころゲームです。

ポイント

漢字を使った説明なので、幼児には大人がついて説明する必要があります。
5歳(年中)でもクリアできましたが、幼児には少し難しい内容もあるので、かみ砕いて説明する必要があります。
※4歳だと難しいかもしれません。

東京ダック
一番人気のコンテンツでした。

 

アニメーション

アニメーション

5面ビジョンで、お米作りの技術の進化をアニメーションでみることができます。

子どもたちが描いた絵も掲載されていました。

東京ダック
我が子たちは全く興味がなく、素通りでした…

ポイント

目線を上げて見ると、実は藁葺き屋根なんです。
お米のギャラリーらしい工夫がありますね。

 

お米の料理MAP

お米の料理マップ

世界の米料理について学べるコンテンツです。

マイクがついていて、何やら皆さん話しかけていました。

東京ダック
子どもが興味なく、走り去っていってしまったので、体験できず…。

ポイント

オリジナルレシピもゲットできるみたいです。

 

一番楽しめる対象は大人or小学生(中学年)以上

説明は漢字が使われていて、ふりがなが振られていないため、幼児や小学生(低学年)には大人が付き添い、説明をしてあげる必要があります。

また、説明の内容に少し難しい言い回しがあるため、小さな子ども向けでないのかもしれません。

全体的なデザインも大人が好みそうな雰囲気ですし、「メインターゲットは大人なのかな?」といった印象。

東京ダック
もちろん子どもも楽しめますが、幼児には少し難しいところもありました。

※2歳の次男に至っては、トラクターを見ること、さいころを動かすこと(意味は分かっていない)くらいしか楽しめませんでした。

 

ヤンマー米ギャラリーの所要時間は30分程度

ギャラリー自体はそこまで広くないので、所要時間は30分程度でした。

東京ダック
ちょっと時間をつぶすのに良いですね。

ポイント

もっと時間をかけたい場合、ヤンマー米ギャラリー以外のショッピングエリアへ行ってみましょう。
2階には「TOCHI-DOCHI」というマルシェがあるので、立ち寄るのもあり。
他にも「SAKEICE Tokyo Shop」で日本酒を練りこんだアイスを食べるのもよし、「米心」で様々な地域のお米を購入するのもよし(ちょっと高級だけど…)!

 

地下1階は休憩スポット&お弁当屋さん

休憩スポット

地下1階はテーブルと椅子が並べられていて、休憩できるスペースがありました。

八重八

また、お弁当屋さん「八重八」があり、おいしい羽釜ご飯を食べることもできます。

東京ダック
1,300円~1,500円と少し高めなお弁当でしたが、めちゃめちゃおいしそうでした!!

 

穴場|「米心」でポークたまごおむすびが380円から

「おいしいお米が食べたくなったけど、がっつり食べるつもりはないんだよなー」

そんな方には1階にある「米心」がおすすめです。

メインの瓶詰のお米

まるでワインのような瓶詰めされたお米の販売がメインですが、ポークたまごおむすび、その名も「ぽーむす」が販売されています。

東京ダック
「ぽーむす」は、税込み380円~430円と、手が届きやすい価格なのもいいですね。

 

まとめ|東京駅付近、子連れで少し時間つぶしに最高な施設

幼児には難しい部分もありましたが、大人がかみ砕いて説明すれば、十分楽しめる施設でした。

ベビーカーが通れる&エレベーターもあるので、赤ちゃん連れもOKです。

また、東京駅から地下で直結しているので雨に濡れる心配もなし。

東京ダック
近くにお立ち寄りの際はぜひ訪れてみてくださいね♪

 

YANMAR米ギャラリー公式サイトはこちら

 

ブログを読んだらクリックしてお知らせしてね♪記事を書くモチベーションです!

にほんブログ村 子育てブログへ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-お出かけ

© 2023 育児のつれづれ by 東京ダック