ジュニアベッドが欲しいのに日本だと選択肢が少なすぎる問題 その1「なぜ我が家がジュニアベッドにしたのか」

2歳2ヶ月の子供を持つ主婦ブロガーの東京ダックです。

息子は2歳を超えました。
今はベビーベッドで寝ている息子。
まだ使用できそうな雰囲気もあるのですが、10月から増税になってしまうし、このタイミングでジュニアベッドを買おうと企んでおります。

そこで、ジュニアベッドをどこで買うか、どのブランドにするのか、ふと考えたのですが、選択肢の少ない事…。

次回はどんなブランドのジュニアベッドがあるのか挙げていきたいと思いますが、今日はそもそもなぜ我が家はジュニアベッドを選択したのかについて綴っていきます。

そもそもジュニアベッドとは?

簡単にいうと、ベビーベッドより大きくて、シングルベッドより小さいものですね。

一般的なサイズで比較
・ベビーベッド(70×120cm)
・ジュニアベッド(70×160cm)
・シングルベッド(97×195cm)

但しこれはあくまでも一例。
ブランドによってサイズは異なりますので、注意が必要。
(うちはサータのクイーンサイズのベッドを利用しているので、一般的なクイーンサイズのシーツが合わず、ちょっと失敗しました。今度記事にできたらいいなー)

ちょっと話が逸れましたが、ジュニアベッドはベビーベッドとシングルベッドの40㎝位の間にあるサイズですね。

度を過ぎて成長しすぎなければ、小学校に入ってもしばらくは使えるサイズかと思います。

何故ジュニアベッドが必要?我が家の場合

周りの話を聞くと、ベビーベッド卒業後は親子で仲良く、床の間で布団を敷いて川の字で寝ているという話を多く聞きます。また、添い寝の延長で一緒のベッドに寝ているという話や、子供のためにシングルベッドを新しく買ったという話も聞きます。

「ジュニアベッドにしたよー」という話は一切聞いたことがありません。

本当に、一切ありません。友人の知り合いといった、もはや他人では?という方の情報も皆無です。

私の周りというか、日本でジュニアベッドという存在は認知されていないのではといったほどの印象です。

そんな中、何故我が家がジュニアベッドを採用したのかというと、理由は4つ。

1.我が家は狭い

2.我が家に畳の部屋はない

3.息子のおねしょはまだまだしばらく続きそう

4.子供の寝相が悪い

これに限ります。

1.我が家は狭い

我が家は総面積38㎡です。
1LDKに夫と私と2歳の息子+セキセイインコで住んでいます。

狭すぎます。

寝室は6畳ですが、ギリギリのミチミチ。
クイーンサイズとシングルサイズのベッドを並べてもいいのですが、その圧迫感とやら!
シングルサイズを検討できなかったのは我が家の寝室の小ささが問題でした。

もちろん、小さな我が家で、家族3人で過ごすとなれば収納も足りていません。

そのため、ベッド下は素晴らしい収納庫♪
もちろんたくさん詰め込むと、湿気が逃げなくてカビが生えやすいので、本当は何も無い方が良いのですが、うちは通気を確保しつつ、適度に物を詰め込んでいます。

ベッドから床敷きの布団への抵抗も、この収納の面が大きいかもしれません。

2.我が家に畳の部屋はない

畳があれば、床敷き布団も、検討したとは思うのですが、我が家はオールフローリング。
フローリングの上に、すのこを引いてから敷布団という手間は正直面倒だなと思いました。

3.息子のおねしょはまだしばらく続きそう

大きくなるのも見越して、シングルベッドをと一瞬頭をよぎったこともありましたが、息子はまだまだオムツです。そして、おしっこの量が多くて、漏れていることが多々あります。

今はまだベビーベッド用のシーツを洗うだけなので、手洗いして干すのもまぁ簡単ですが(実際はかなり面倒です)、シングルサイズになると洗濯も干すのも、ベビーベッド用と比較してめちゃくちゃ面倒で大変になる事は想像が出来ました。

それを考えたら、少しでも小さなジュニアベッド用のシーツの方が楽!

4.子供の寝相が悪い

息子の寝相が悪いため、一緒のベッドで寝ると、大人がきちんと寝ることが出来ません。我慢すればいいとは言いますが、大人だって睡眠って大事だと思うんですよ。日常生活にかなり影響が出ます。

また、2歳になったばかりの子が、シングルベッドのような柵のない場所で寝て、寝相が悪くて落ちたら心配という気持ちもありました。一般的にジュニアベッドは小さな柵がついているものが多く、この点もジュニアベッドが良いなーと思ったところです。

まとめ

あまり一般的ではないジュニアベッドを選択した我が家。

次回はどのブランドのジュニアベッドで悩んだか、どのジュニアベッドにしたのか書いていけたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする