スポンサーリンク

【商品レビュー】レゴデュプロ「みどりのコンテナスーパーデラックス”おおきなこうえん”」で遊んでみた。後継品も紹介。

遊び

2歳の子供を持つ育児ブロガーの東京ダックです。

息子が3歳に近くなり、レゴクラシック(普通のレゴ)に移行するか、レゴデュプロのまましばらく遊ぶか迷っていました。

しかし、第2子が産まれることも考えて(なんでも口に入れる時期がまたやって来る…)、口コミでも絶賛されているレゴデュプロ「みどりのコンテナスーパーデラックス”おおきなこうえん”10864」を新たに購入。

これが本当におすすめできる商品でした!
息子めちゃくちゃハマっています!

しかし、残念なことにこちらの商品間もなく廃盤商品となってしまいます。
後継品は後ほど紹介しますね。

レゴデュプロ「緑のスーパーデラックス”おおきなこうえん”10864」とは

小さな子供でも安心の大きなピースが揃ったデュプロシリーズの大人気商品。
基本ブロック以外にも特殊ブロックがたくさんついてきて、すべり台やブランコなど、公園にある遊具をつくれます。
人気&定番で、まずはこちらの商品を購入するという方が多数いるのも納得の仕上がりでした。

対象年齢

2~5歳。
レゴデュプロが1歳半から遊べるとされていますが、こちらは2歳からです。
旗やスコップなどの部品が危ないのかな?
5歳までとなっていますが、レゴデュプロはレゴクラシック(普通のレゴ)とも互換性があるとのことなので、息子が大きくなっても組み合わせて使ってほしいところです。

レゴデュプロ「緑のスーパーデラックス”おおきなこうえん”10864」の中身

中に入っているレゴデュプロのピースを全て写真に撮ってみました。
全部で71ピース。
基本ブロック以外にも、特殊な形のものが多い印象です。
人形が2個付いてくるので、ごっこ遊びの幅も広がります。
男の子が大好きな車も付いているので、息子も大満足。
バネが付いてくるのが珍しいかもしれません。

購入前に、どのようなピースがそれぞれ何個入っているのか知りたい!
そんなときは、パッケージの底面を見ると一覧になっているので分かりやすいですよ。意外に見落としがち。

つくり方の冊子も付いてくる

せっかくならパッケージにある「大きな公園」をつくりたい!
でもつくり方が分からない!
そんな方に向けた「大きな公園」のつくり方を詳しく説明した冊子が付いてきます。

ビジュアルで説明してくれるので非常に分かりやすいですね。

「大きな公園」を息子とつくってみた!

ほぼ大人が作成していますが、息子もアレンジも加えてくれました。
ばねのついた車の遊具は2歳の息子がほぼ一人で写真を見ながらつくっていました。
す、すごい。。。
息子は煙突をつくるのが好きですね。秘密基地にも早速つくってくれました。

もちろん「大きな公園」以外も自由につくれます

「一人で遊んでいるなー」と見ていると、車を使って何やらつくっています。
「トラックー♪」
と嬉しそうに答えてくれました。
荷物をたくさん積めるのだそうです。

公園もバリエーションを変えてつくってもいいですし、扉や窓があるので、家をつくっても面白いです。

コンテナ付きなので後片付けもラクラク

コンテナが付いているので、面倒な後片付けもラクラクです。
どんどん詰めればいいだけなので、2歳でも余裕でお片付けが出来ちゃいます。
左右に取っ手付きなので運ぶのもラクラク。

しかも嬉しいことに、このコンテナが結構大きいので、パーツを全部入れても、まだまだ空きがあります。
追加でレゴデュプロを購入しても安心サイズ。

・・・実はまもなく廃盤商品です!!後継品は?

アマゾンや楽天など、どのレビューを見ても絶賛されているレゴデュプロ「みどりのコンテナスーパーデラックス”おおきなこうえん”10864」
知らなかったのですが、まもなく廃盤商品だということです。
後継品は「デュプロのコンテナ スーパーデラックス 10914」
車がかっこよくなったり、犬の人形がついたり、数字ブロックが付いたりと、レベルアップ!
ピースの数も増えて全部で85ピースです。
対象年齢が下がり、1歳半から遊べます。

アマゾンは送料無料なので安い↓

楽天はトイザらスが現在一番安いですね。6900円以上(税込)で送料無料なので、まとめ買いの予定がある方にはこちらをおすすめ。楽天ポイントがザクザク溜まります↓


どうしても「みどりのコンテナスーパーデラックス”おおきなこうえん”10864」が欲しいという方!まだギリギリ残ってますよ!
狙い目はアマゾン。多数のショップで購入できます。

まとめ

遊んでいると、子供だけでなく大人もハマっていることに気付きます。
レゴクラシック(普通のレゴ)を知っていると、基本ブロックがもっと欲しくなりますね。
プラレールにもはまっていますが、レゴ沼にもはまってしまいそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました