スポンサーリンク

【商品レビュー】レゴデュプロで買い足したい基本ブロックはハートボックス!

遊び

3歳の子供が今日も元気な、妊娠中の育児ブロガー東京ダックです。

レゴデュプロ「みどりのコンテナスーパーデラックス”おおきなこうえん”」を買ってから3ヶ月。

【商品レビュー】レゴデュプロ「みどりのコンテナスーパーデラックス"おおきなこうえん"」で遊んでみた。後継品も紹介。
2歳の子供を持つ育児ブロガーの東京ダックです。息子が3歳に近くなり、レゴクラシック(普通のレゴ)に移行するか、レゴデュプロのまましばらく遊ぶか迷っていました。しかし、第2子が産まれることも考えて(なんでも口に入...

この間に買い足しした基本ブロックがありました。
その名もレゴデュプロ「ハートボックス」(10909)

これが大正解!
早速中身をレビューしていきます。

レゴデュプロ「ハートボックス」(10909)とは?

デュプロのいろいろアイデアボックス<ハート>が正式名称なようですね。
レゴ商品にはそれぞれ番号が与えられていて、こちらは「10909」
検索するときは「レゴ 10909」で一発で出てきます。

ハートボックスは、変わったパーツが少なく、基本の四角形のレゴデュプロがたくさん入っているのが特徴。
親目線だと、ひとつのものしか作れないパーツより、こうやって基本のものを組み立てて、何かを作り上げてほしいなと思ってしまいがち。その欲望をしっかりと反映してくれる、まさしくアイディアボックスです。

対象年齢

対象年齢は1歳半~。
レゴデュプロは、基本的に1歳半からの商品が多いですね。
以前購入した「おおきなこうえん」のように2歳から推奨されている商品もあるので購入するときは注意が必要です。

デュプロのいろいろアイデアボックス<ハート>10909の中身

中に入っているレゴデュプロのピースを全て写真に撮ってみました。
全部で80ピース。
基本の形が多いですね。
嬉しかったのは白色のピースが入っていたこと。使い勝手がいいです。

購入前にどのピースが入っているか知りたいときは、やはり底面を見ましょう!
見落としがちですが、詳しく書いてあるので要チェックポイントです。

作り方の紙(説明書)も付いてくる

ペラ1枚ですが、「こういうのが作れるよ!」という説明書?もついてきます。
ビジュアルど~~~ん!!
なので、分かりやすい(笑)
ここでは19種類案内していますね。
レゴ公式HPでは何故か15種類と説明されています。海外企業の不思議なところ。

アヒル、クジラ、アイスクリーム、ヘリコプターを作ってみた

説明書を参考に「アヒル」「クジラ」「アイスクリーム」「ヘリコプター」を作ってみました。
ちょっとアレンジが入ってます。

単純で簡単に出来上がります。
息子大喜び!

特にヘリコプターが気に入ったようです。

もちろんアイディア次第で色々作れます。

夫は黄色のブロックを使ってキリンを作成。
私は背の高い家?ビル?を作成。
息子はズレながら立ち上がる塔を作成。

ハートボックスだけでも色々楽しめます。

みどりのコンテナに一緒にお片付けできる!

以前購入していた「みどりのコンテナスーパーデラックス”おおきなこうえん”」。
このコンテナにハートボックスのパーツも全部入ります。
なんなら、以前から持っていた「デュプロ トイストーリー・トレイン(10894)」も入っちゃいます。
これは嬉しい!!

ハートボックスはコンテナが付いておらず、パッケージは紙製なので、併せて大きめサイズのコンテナボックスのデュプロや収納ケースを用意したほうが良いですね。

【まとめ】 デュプロは買い足すほど遊びの幅が広がる

現在「ハートボックス」「おおきなこうえん」「トイストーリー・トレイン」と3種類のデュプロを持っています。
これだけあると、組み合わせが豊富になるので、様々な遊び方が出来ちゃいますね。

最近びっくりしたのが、駅のホームのような屋根付きの建物を自ら作っていたこと。
成長具合が半端ないです。

アイディアが広がる基本の形の「ハートボックス」は確実に手に入れておきたいところです。
お値段も他のデュプロと比べて安いので、買い足しやすいアイテムですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました