東京都庁に赤ちゃん連れで行ってきました。都庁の授乳室、おむつ替えスペース情報!

本日は手続きがあったので東京都庁まで行ってきました。
都庁の展望台に行ったのも、はるか昔のことで記憶になかったので、ついでに息子を連れてのぼってもみました

東京都庁の子連れランチと、授乳室やおむつ替え情報もお伝えします。

東京都庁への道順

丸ノ内線の西新宿駅から地下道を通って東京都庁まで行ったのですが、これが大外れ!

子どもがいない時はよくこの地下道ルートを使っていました。動く歩道も設置されているくらいだからバリアフリーの印象があったんですよね。

いやいや、何故この道に動く歩道を設置したんだというくらいノンバリアフリーですよ!
階段、エスカレーターが多いので、丸ノ内線の西新宿駅に着いたら迷わずエレベーターで地上に出てください。地上からなら、ベビーカーでスイスイ都庁まで行けました(帰路は地上からにしました。)

東京都庁のおむつ替え情報(だれでもトイレ編)

おむつ替えやちょっとした着替えだけで良いなら「だれでもトイレ」がおすすめです。
オストメイトトイレ(多機能トイレ)のことですね。
私が使ったのは第一本庁舎の1階の総合案内後ろにある「だれでもトイレ」です。

総合案内後ろには2部屋ありました。

大きなベッドが設置されているので、こちらで着替えやおむつ替えが可能だとのことです。
使いやすい場所にあったので、2回も利用させていただきました。

中はベビーカーも楽々一緒に入れる広さです。
そして何よりめちゃくちゃ綺麗!

ベビーチェアも用意されているので、抱っこ紐で来ている時も、安心して赤ちゃんと一緒にトイレへ用をたしに行けます。

残念ながらこちらのトイレのベッドは固定ベルトが無いのと、使用済みおむつを捨てる場所はありません。
また、一般の方もトイレとして使うので、混雑するときは混雑します。

「だれでもトイレ」はいくつか都庁内に設置されているようなので、おむつ替えに困ったらこちらを利用しましょう。もちろん車いす利用の方もどんどん使いましょう!

東京都庁バリアフリーマップ(2018年10月1日現在)

東京都庁のおむつ替えと授乳室情報(赤ちゃんふらっと編)

東京都庁に授乳室ってあるんですよ!

都議会議事堂の地下1階にあります。
第一本庁舎の1階出入口を出て、目の前のパスポート申請所に向かうエスカレーター・階段のわきに筒状のものがあります。これがエレベーターなので、ベビーカーだとこのルートがおすすめ。非常に分かりにくい。案内されるまで分かりませんでした。エレベーターで降りてセブンイレブンの向かいに「赤ちゃんふらっと」というベビールームがあります。

入口わきには自動販売機があるのも授乳中はありがたい。でも多分、安いからとセブンイレブンを利用してしまいそう。

入口すぐにはおむつ替えベッドが2台。長椅子ソファが2脚向かい合わせで用意されています。

ミルク用のお湯が用意されていたり、蛇口付きシンクもあるので洗ったりすることも可能。ミューズ石鹸も用意されていました。

また、個室の授乳室が二つ。個室内にはひじ掛け付き椅子とベビーベッド、使用済みおむつのごみ箱が設置されています。もちろん、ベビーカーも余裕で入れる広さです。

使用済みおむつを捨てることが出来るのは嬉しいですね。

とても人気で、入れ代わり立ち代わり利用されていて、授乳室個室を並んで待っている状況もありました。
パスポート申請に来た方が多く利用されているようでした。

こちらの赤ちゃんふらっと9:30~17:00まで使えます。
土日祝日は使用できないので気を付けましょう。

長くなってしまったので

展望台とランチ情報はまた後日に。

東京都庁の激安ランチと赤ちゃん連れに心温まる優しいサービスを書いていきますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする