1歳7ヶ月。大人のベッドによじ登れるようになりました

子どもはいつから大人のベッドに自力でよじ登れるようになるのか。
まだもう少し先だろうなと思っていたのですが、ついにこの日が来てしまいました。

一人で大人のベッドによじ登れるようになった

1歳7ヶ月で達成しました。
確かに、1歳半で大人の椅子にもよじ登れるようになっていたので、そろそろだとは思っていたのですが、今日、急に出来ました。

私たちの家の大人が使っているベッドは下が収納になっているもの。高さはマットレスを含めると55㎝位です。

一人で出来たことが嬉しかったのか、何度も降りたり登ったり、ベッドの上で遊んだりとアスレチックと化していました。

家遊びが一つ増えて、楽しそうでした。

困る事~その1~

成長を感じて親も嬉しい反面、困ったことも出てきました。

一人で扉も開けられるので、扉を閉じていても勝手に寝室に入り、一人で大人ベッドに登ってしまえます。

私がトイレにこもっていたり、ベランダで洗濯物を干しているなど、ちょっとの時間にも大人ベッドの上にいる可能性があります。

はい。

とても危険です。

今日も、ちょっと目を離した隙に勝手にベッドによじ登り、うまく降りられず危険な体制をとっている姿がありました。気づいたから良かったものの、ケガをする可能性がありました。

大人のベッドはそこまで高さがありませんが、それでも落ちたときに打ちどころが悪かったらケガをします。

見ていられる時ならいいんですけどね。これは困った。

困る事~その2~

うちの場合、大人のベッドとベビーベッドを添い寝が出来るようにつなげています。実際はベビーベッドの高さを下段に設定してあるので、添い寝というか、急な崖が出来ているというか、なんというかという状態ですけど。

そして、それぞれのベッドの下辺を合わせているので、ベビーベッドの上の部分にぽっかり穴が開いているんですね。その部分に棚を置いたり使わなくなったものを収納しているので、結構ぐちゃぐちゃ。すぐ手の届く棚の上には懐中電灯とか防災バッグとか置いているし。

この子供が触れないだろうと思っていた聖域が、ついに解放されてしまうのです。

これは困った。

今後対策が必要です。

まとめ

ここ最近本当に成長が早くて、驚きます。

こういう時は夜泣きも再開するタイミングなので、気を付けなければ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする