東京メトロ東西線を間近で見ながらピクニックランチ「荒川・砂町水辺公園」

電車が大好きな子供を持つ主婦ブロガーのtokyo-duckです。

今日はとっておきの場所を紹介します。

なんと電車を見ながらピクニックランチが出来ちゃう公園が存在するのです。
しかもですよ。相当間近で見られます。
その名も「荒川・砂町水辺公園」です。

荒川・砂町水辺公園の場所

荒川・砂町水辺公園
住所:東京都江東区東砂3-27-3

荒川の江東区側、つまり西側の土手沿いに位置しています。
この公園は南北にとても長くて、北(上流)は葛西橋を超えるほど、南(下流)は清洲大橋を超えるほどで延長は約2.3kmです。1kmは徒歩で約15分とされているので、歩くと約40分ほどかかる長さですね。

今回私がお勧めする場所は、「荒川・砂町水辺公園」の中でも、東京メトロ東西線が通る、清砂大橋の近くです。
目印は「砂町水辺公園トイレ」。

このトイレ付近に設備が揃っているので、手軽にピクニックが楽しめます。

嬉しい設備「トイレ」「手洗い場」「屋根のあるベンチ」そして何故か・・・「砂場」

トイレの近くから写真を撮っています

トイレ

男性用、女性用、そして多目的トイレときちんと分かれています。

男性用の個室は分かりませんでしたが、女性用の個室は和式です。
きちんとトイレットペーパーも用意されていました。

多目的トイレ内には手洗いスペースも用意されています。
そして何故か外側の壁面には大きな時計がついています。時間が分かりやすくてちょっと嬉しい。

キレイさは・・・まぁ公衆トイレとしてはキレイな方でしょうね。公衆トイレ10点満点中6点というところでしょうか?
私は極力使いたくはないとは思いますが…。

手洗い場

手が汚れても嬉しい手洗い場も用意されています。

「遊んでからピクニックランチ♪げ!手がきたなすぎて、ウェットティッシュじゃ落としきれない。」

という状況にも対応可能です!

水飲み場の方は普通の蛇口ですが、手洗い場の方は押してる間だけ水が出るタイプなので、一人で手を洗う際、片方ずつしか洗えないという。最近の公園ってこういうタイプ多いですね。きちんと蛇口は締めましょう。

屋根のあるベンチ

砂場より手前に屋根のあるベンチも用意されています。
日差しが強いときもあるので、とても嬉しい設備です。
そして、このベンチに座りながらご飯を食べると、ちょうどトップ画像のように電車を見ながら優雅にランチが出来ちゃいます。

砂場

写真にもありますが、あのカラフルな柵の中は砂場です。
ほとんど使われていないのか、とても綺麗な砂場です。

なぜこんな場所にあるのかは謎。

遊べるスポット

階段

残念ながら、滑り台やブランコなどの遊具はありません。その代わりといってはなんですが、階段があります。

最近階段の昇り降りにドはまり中の息子にはうってつけの遊具と化しています。

工事中のため、反対側には出られません。

土手の傾斜

奥に見えるのは葛西橋です

緩やかな傾斜なのですが、走り出したらなかなか止まれないので、息子は走りまわるだけで楽しそうでした。
景色も良く、この時期は川からの風が気持ち良いです。

風が強めなので凧あげにも良さそうです。

岸辺

写真に撮り損ねましたが、岸辺にも出られます。

釣りをしている方が多くいます。ハゼ釣りで有名なようで、近くには釣りのお店もいくつかありますね。

キレイではないので、水と戯れて遊ぶようなことは一切できません。1歳児だと「へー」と見るだけです。

東京メトロ東西線が間近で見られる!

一番の目的はこれですよ!
橋のすぐ下からは大迫力の電車!
しかもよく見てください!写真だとかなり小さくなっていますが、奥には葛西臨海公園の観覧車とのコラボが実現!

本数の多い東西線なので、昼頃は大体7分おきくらいに見ることが出来ます。飽き性の子供には打ってつけ。
橋の上で西船橋方面と中野方面の電車が交差することも度々見ることが出来ます。
電車が橋を渡るときは、事前に警報音が鳴るので、「そろそろ来る!」と分かるのもいいですね。

写真左が路線。右が道路です。
カッコよくないですか!?

写真がうまい方ならもっとキレイに撮るのでしょうが、へたっぴかつ子連れだとこれが限界。
車や電車の通過する音や振動も伝わってくるので、とても楽しめます(私だけ?)。

息子は電車が通るたびに食事の手を止めながら、食い入るように見ていました。

通る車両は東京メトロ東西線のブルーのものだけではなく、東葉高速鉄道のオレンジの車両も見ることが出来ます。オレンジ色の車両が通ると、息子も「レアや」というような顔をします。結構本数多いんですけどね(笑)

まとめ

この場所は人が少ないので、ゆっくりのびのびとピクニックをすることが出来ます。
ただ、少し危険なところは、ロードレース用の自転車がたくさん通ります。通称「荒川サイクリングロード」と呼ばれるほど。子供は急に道へ飛び出すので、注意が必要です。土日などの休みは特にたくさんのロードレーサーたちが集まるので、出来る限りゆっくりしたいなら平日の方がおすすめです。

電車大好きな子供を持つ方は是非一度、この荒川・砂町水辺公園に行ってみてください!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする