成長記録

【成長記録】生後2ヶ月でできること

2020年12月16日

スポンサーリンク

0歳&3歳の子供+夫の4人家族。育児ブロガーの東京ダックです。

0歳次男は3ヶ月目に突入しました。あっという間ですね~。

生まれたては何もできなかった次男も、今では顔を見て声を出して笑うように。

赤ちゃんの成長ってどうなの?生後2ヶ月でできることをまとめてみました。

 

人の顔を見て声を出して笑う

生後2か月直後は顔を見てにこ~っと笑うだけでしたが、2ヶ月も後半になると、ゲラゲラ笑うようになりました。ゲラゲラ笑わせるコツは、見ている側がゲラゲラ笑うことです。同じように笑い返してくれます。

長男の時は、こんなに早く笑わなかったので、次男は笑い上戸なのかもしれません。

 

一日の生活リズムが安定してくる

2か月前半はまだまだ生活リズムが安定しませんが、後半に近づくにつれて一気に安定してきました。昼夜の判断もできていて、かなり良い感じです♪」

 

首が座りかける

首の力が異常に発達している次男。

生後10日ごろになると、自力で首の向きを変えられたほど。

2ヶ月後半にもなると、縦抱っこをしていても、首のぐらぐらがほとんどなくなってきています。

完全に首が座るのが早そうです。

 

動きが激しくて、枕からずり落ちる

ふんふんと、一生懸命動くことが増えて、枕の上に頭がのっていないこともしばしば。

ずりずりと動きまわります。

 

ハンドリガードもお手の物

生後1か月ごろからしていたハンドリガードも、2ヶ月になると、長い時間ガン見しています。次男は右握りこぶしがお気に入り。おそらく右利きなのかな?

 

横抱っこ紐から縦抱っこ紐へデビュー

首が座りだしてきたので、新生児用の横抱っこ紐から縦抱っこ紐へバージョンアップ!

使っている人をあまり見かけませんが、我が家は横抱っこ紐にニンナナンナを使っていました。(現在生産終了品です。)

\ニンナナンナ、レンタルならまだあるそうです。/

新生児期から使える縦抱っこ紐(一般的にいうエルゴとか)があるにはあるのですが、縦抱っこはやっぱり首や腰に負担がかかってしまうも事実。赤ちゃんの身体のことを思うと、最初は横抱っこの方が負担がかからなくておすすめです。

 

我が家の縦抱っこ紐はエルゴではなくてリルベビーです!残念ながら日本から撤退したらしく、実店舗で取り扱いがほとんどなくなってしまったようです。以前は東急百貨店などデパートにも入っていて、試着して購入できたんですけどね。

エルゴより安くて性能がよくておすすめ!

 

 

おむつ替えの時のおしっこ飛ばしが減る

新生児期はおむつ替えの際におしっこを飛ばすことが多かったのですが、2ヶ月になりおしっこ飛ばしが減りました。

その代わり新生児期からうんち飛ばしはよくします…。服ならまだいいのですが、顔面に(しかも眼鏡に)うんちが飛んできたときは泣きたくなりました。

 

よだれが出てくる

2ヶ月後半になると、起きて機嫌が良い時に「たら~っ」とよだれが出ることが増えてきました。

赤ちゃんによって、よだれが出やすい子、出にくいこといますが、次男は前者のようです。

 

【まとめ】次男は成長が早い!

長男と比べると、次男の成長が早い!

そして、よく寝てくれるし、機嫌も良いし、泣いても理由が分かるものだし、手がかからない!!

子どもによって違いがあるとは知っていましたが、まさかここまでとは…。

これからの成長が楽しみです。

 

ブログを読んだらクリックしてお知らせしてね♪記事を書くモチベーションです!

にほんブログ村 子育てブログへ

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

東京ダック

3歳の子ども溺愛中 30代育児ブロガー東京ダックです。 2020年9月第二子出産しました! コーヒーとチョコがあれば大抵のことは乗り越えられます。

-成長記録
-,

© 2021 育児のつれづれ by 東京ダック