ドアはいつから自分で開けられるようになるのか?

トップ画像でもうバレバレですが、1歳半の息子はもう一人でドアを開けられます。

いつから開けられるようになったのか、詳しく書いていこうと思います。

ドアの取っ手への興味

歩くのが上手になってきた1歳5か月のころから、ドアの取っ手部分に手が届くのでは?と手を伸ばす素振りがありました。でも残念ながら届かず。なぜならまだ上手につま先立ちが出来ていなかったからです。
ちなみに一般的に分かりやすいように「ドアの取っ手」と書いていきますが、正しい言い方だとうちについているのは「レバーハンドル」ですね。

きっかけ

ドアが開けられるようになったのは、一番の理由に、つま先立ちが上手にできるようになったからだと思います。取っ手部分を触りたいと必死になっているうちに、つま先立ちが何故だか出来てしまって、勢い余ってドアを開けてしまったのです。このころは1歳6か月になったばかり。ドアへの興味が強くなってから1ヶ月ほどで開けることが出来てしまいました。

どうやって開けているか写真で解説

頑張って手を伸ばします。まだつま先立ちしていないので取っ手部分に届きません。

つま先立ちをして揺れながら必死に取っ手を触ろうとします。見ているこっちは倒れそうで冷や冷や。

やった!ついに手が届きました。手が届いたらこっちのもの。あとは下げるだけです。

ドアを開けることが成功しました。

この後満面の笑顔でこっちを見ましたが、本人も嬉しいのでしょう。
自分で出来ることが増えて楽しそうです。

ドアが開けられるようになってからの対策

一度ドアを自力で開けられるようになってからは、なぜ今までできなかったのかと、びっくりするほど、何度も何度も、易々と開けるようになりました。

しかし、うちは特に何もしていません。
何故かというと、ドアを開けられて危ない場所は今のところないからです。

私がトイレで用を足している時、ドアを開けて嬉しそうにやってきますが、これも今後のトイレトレーニングのためだと、諦めております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする